事例案内

事例案内

住宅自社施工した住宅の概要、工事の流れ、担当スタッフの声を一部ご紹介します。

C邸新築工事

住所 名古屋市昭和区
着工 平成27年5月
竣工 平成27年8月
用途 住宅
建築面積(㎡) 73.97
延面積(㎡) 149.91
構造 S造 地上2F
用途地域 第一種住居地域
防火地域 準防火地域

お客様は車が大変お好きな方で、時間さえあれば車を眺めていたいそうです。建物はガレージからダイニング・リビング・寝室と階を重ねますが、床レベルを微妙に変えることでガレージの車が見え隠れする仕掛けになっています。そこで、(絵画の額縁のような役割をする)床端部は美しく収まるよう、特に注意しました。外壁は、黒いスパンドレルを使っており、工事中汚れないよう養生したりしながら工事を進めました。また、テラスの防水の収めは検討を重ねました。三角形の平面形状をしており、ドレン排水も内樋とする必要があったためです。お引渡し後も、ガレージの改良が続けられており、これからも、車が進化する度にガレージも進化しそうです。(工事担当M)

Qマンション新築工事

住所 名古屋市中区
着工 平成27年2月
竣工 平成28年3月
用途 共同住宅
建築面積(㎡) 232.84
延面積(㎡) 2088.12
構造 RC造 地上9階
用途地域 近隣商業地域
防火地域 準防火地域

お客様は他県にお住まいで、名古屋での土地の取得に伴い、マンションを新築することとなりました。前面道路は二車線ですが交通量が多く、手際よく搬入時などを進める必要がありました。川が近い立地のため、排水しながらの杭工事となりました。着工が少し遅れたこともあり、工期を短縮するために外構を先行したり躯体工事を早めたりと、できる限りの努力を払いました。若手現場員の苦労もあり、場内は常に整理整頓され、隅々まで掃き清められていました。普段、現場を収めることに追われがちですが、美しい現場が施工の基本です。新入社員の頃、必死で掃除した記憶が思い出されました。他県のお客様という条件の下、できるだけ手際よく、またイメージやすいように打合せを行い、結果的にご満足いただける建物が完成したと思います。(営業担当A)